商社マンの煩悩

総合商社マンが日々の業務・日常・就職活動について書き綴るブログ

学ぶこと・勉強すること


スポンサーリンク

最近、昼の時間帯にガリレオが再放送されている。

 

ガリレオ (テレビドラマ) - Wikipedia

 

東大の天才物理学社(湯川教授)が持ち前の頭のキレや物理学を初めとした科学の力で不可解な事件の謎を紐解いていく話である。

 

ドラマではあるが、湯川教授を見る度に武田のことを思い出す。

武田は大学時代の学部の友人であり、非常に頭の良い奴であった。

 

アカデミックなことに限らず、プライベートで私が取り止めのないことで悩んでいる時、武田はすぐに最適解を導いてくれた。

 

私はそんな彼を見ていていつもこいつは天才だ。と思っていた。

今まで数多くの天才を見てきたが、武田は群を抜いて優秀であった。

 

勉学に長けている天才は大勢いるが、武田は勉学に長けていることは勿論だがそれに加えコミュ力があり、運動神経があり、顔がよく、何より生き方がうまかった。

 

テストをやらせれば最高評価を取り、飲み会に誘えば場を支配しみんなを楽しませ、スポーツをやらせれば経験者顔負けの実力を発揮し、シュッとした顔立ちで女性から人気があり、色々な分野のキーマンを抑えており質の高い情報が武田の元に常に落ちてきていた。また、バイトをせずとも月に5万程度コンスタントに収入を得ることができる仕組みを構築していた。

 

私はそんな武田を見ていて、こいつは人生2周目なんだろうな。

と勝手に思っていた。普通の人間として武田を認識していなかった。しかし、とある人間の話を聞いて武田の優秀さが腑に落ちた。

 

f:id:azukazu:20170904001113j:plain

 

イーロン・マスク

 

先日、天才起業家のイーロン・マスクの記事を読んで、こいつはまさに武田だと思った。

イーロン・マスク - Wikipedia

イーロン・マスクは、南アフリカ共和国・プレトリア出身のアメリカの起業家であり、スペースX社の共同設立者およびCEOである。PayPal社の前身であるX.com社を1999年に設立した人物でもある。 

彼は、最先端の科学を駆使してロケットや電気自動車の開発をしている。

一方で、ぺイパル(オンライン決済サービス)やZIP2といったソフトウェア系のサービスの立ち上げにも成功している。

 

それぞれの分野において、最先端の専門知識を有しているのである。(ほぼ関連のない分野と考えて良いだろう。)

 

彼がどのようにして、互いに排反な分野の知識に精通していったのか。

 

彼のことが書かれている伝記によると、

「教科書で基礎を学び、不明点を専門家に聞く作業。」

により短時間で最短知識を身につけているとのことであった。

 

f:id:azukazu:20170904002030j:plain

 

セマンティック・ツリー・メソッド

 

セマンティック・ツリー・メソッドとはイーロンが実践していた勉強法である。

まず、学習しようと思っている知識体系を一本の「木」に見立てる。そしてそれらの知識を木を構成している要素(「幹」・「枝」・「葉」)に分ける。

 

その後、優先的に「幹」となる部分を理解していくという勉強法。

 

下記がイーロンの言葉だ。

 

もし何かを完璧に理解できないんだとしたら、君の頭のなかの(知識の)「木」には「幹」がないってことなんだ。トピックについての新しい知識は新しい「枝」や「葉」のこと。そいつらは「幹」がなかったら何にもぶら下がることができずに落っこちていくだけだよ。

 

 少し噛み砕くと、物事を勉強するとき、細かな知識やフレームワークから学ぶのではなく、原理・原則を完璧に理解し、論理を展開することでフレームワークを自ら作り上げ、その上で細かな知識を学んでいくイメージだろうか。

 

物理の力学の勉強をイメージすると理解しやすい。

公式の前に、力学の基本となる考え方を理解し、公式を自分で導き(公式の本質を理解する)、応用する。

文系の人は想像し難いかもしれないが、、

 

 

武田はまさにセマンティック・ツリー・メソッドを実践している、と思った。

私も幾度となく、当該勉強法を試してみたが私の知能では到底不可能であった。(試していた時はセマンティック・ツリー・メソッドなんて名前は知らなかったが。)

 

テンプレートを学ぶことで原理・原則を理解するという後追いの形になってしまう。おそらく一握りの天才以外はこの勉強法は実践できないだろう。

 

原理・原則の本質を学ぶことはそれほど難しい。

 

原理・原則を抑えることができることの利点は決して忘れないことと、応用がいくらでもきくようになることだ。

私のようなフレームワークに頼ってしまう人間は少し応用されたケースにあたると、うろたえてしまう。

 

凡人の勉強法

 

 

皆さんもこのセマンティック・ツリー・メソッドを実践して物事を学んでみることをお勧めする。実践できないとわかった人は、実践できる人の何倍も経験値をため、フレームワークを増やし、後追いで原理・原則を学んでいくしかない。

 

イーロンや武田のような天才に該当しない凡人はメンタルを鍛え上げ、失敗を積むこと以外に大成功するこはできないのだなと感じた。