商社マンの煩悩

総合商社マンが日々の業務・日常・就職活動について書き綴るブログ

あずかずの仕事におけるKGIとKPI②


スポンサーリンク

前回の続き。

 

www.azukazu.com

 

前回の記事で私のKGIとKGIを構成する要素を考えた。

 

KGI=「楽しく仕事をすること。」

 

<構成要素>

①ストレス負荷が低いこと

②市場価値を上昇させることができるノウハウや知識を身につけることができること

③周囲に誇れる仕事内容であること

④適度な業務量であること

 

ということで、今回はそれぞれの構成要素を達成するためのKPIを設定しようと思う。

f:id:azukazu:20170824003140j:plain

ストレス負荷が低いこと

 

前回記事に書いたが、私の中でストレスを感じる瞬間=仕事が後手に回ってしまっている時である。後手に回ってしまっている時は周囲からプッシュやリマインドを受けるし、帰宅後も「あーーーあの仕事まだ片付けられてないな、、、」と気になってしまう。

 

そこで、後手に回らないために、

 

KPI①仕事に期限を設ける。(または、仕事を依頼された時点で期限を聞く。)

KPI②最低でも期限の前日までには何かしらのアウトプットをする。

KPI③アウトプットに対し、最低限プラスの評価を受けること。

 

上記を設定。

100%遂行できるように意識する。

これが難しいのだが、、、仕事ができる人は完璧に遂行している。

 

KPI③については後手とは関係ないように思えるが、最低限プラスの評価を受けないとやり直すことになり、結果的に後手に回ることになる。

 

市場価値を上昇させることができる知識やノウハウを身につけることができること

 

これについては、現段階では何を以って市場価値が上がるのかが分かっていないため、

正直なんとも言えない。

 

ただ、感覚値として今目の前にある仕事に真面目に取り組むことでビジネスマンとしての基礎力を身につけることができると思っている。

 

故に、現段階ではクリアしていると判断。

 

 

周囲に誇れる仕事内容であること

 

そもそも誇れる仕事って何?という話だが、これは完全に主観。

ピンときた案件については積極的にインボルブされるように上司に働きかけるようにしている。

 

ここでのKPIは、

KPI④周囲に話したいと思える案件を常に2つ以上持っている。

KPI⑤自分の努力次第でプラスにブレる案件を探し、1ヶ月に1案件以上プラスに上ぶれさせる。

 

適度な業務量であること

 

単純明快で、平日にプライベートな時間を確保できる時間に退社できるかどうか、という話だ。

 

そこで、

KPI⑥19時半までに退社できるように仕事をマネージする。

 

まとめ

 

6つのKPIを設定した。

 

KPI①仕事に期限を設ける。(または、仕事を依頼された時点で期限を聞く。)

KPI②最低でも期限の前日までには何かしらのアウトプットをする。

KPI③上記のアウトプットに対し、最低限プラスの評価を受けること。

KPI④周囲に話したいと思える案件を常に2つ以上持っている。

KPI⑤自分の努力次第でプラスにブレる案件を探し、1ヶ月に1案件以上プラスに上ぶれさせる。

KPI⑥19時半までに退社できるように仕事をマネージする。

 

このKPI(正直、KPIとは違うなと思ったが...笑)を達成すべく、

日々の仕事と向き合っていき楽しく仕事に取り組めるようにしたいと思う。

 

ちなみに、現状①〜⑥全て50%程度の遂行率であり、

楽しいとは思えていない状況である。

 

頑張ります。