商社マンの煩悩

総合商社マンが日々の業務・日常・就職活動について書き綴るブログ

睡眠のクオリティ


スポンサーリンク

私は幼い頃から両親によく寝るように言い聞かされて育てられたため、

長時間睡眠が必要な人間になってしまった。

 

高校時代は1日9時間、大学時代は1日10時間以上は寝ていた。

 

社会人になった途端、今までのようにゆっくりと寝れなくなってしまい、とてつもなくストレスを感じていた。

 

このストレスを少しでも減らすために、睡眠の質を上げる工夫を試行錯誤した結果、今では6時間強寝ればあまりストレスを感じず日々の生活を送ることができるようになってきた。

 

今日は私の睡眠効率を上げた方法を紹介しようと思う。

 

 

枕については、オーダーメイド枕をおすすめしたい。

普通の枕と比較するとかなり高いが、メンテナンス可能で10年以上は使用できるので、

良いお金の使い道であると思う。

 

10年使うと仮定すると、

30,000円÷10÷365≒10円弱となり、1日あたり10円弱である。

 

これで快適な睡眠生活が送れると考えると安くないだろうか。

 

 

他にもオーダーの枕の店はたくさんあるので是非吟味してみて欲しい。

私も色々店を回ってみたが、どれも同じに感じたので一番近い店で買ってしまった。

ランニング

 

予定のない日は20分程度ランニング+10分程度の筋トレをすることにしている。大体、週に3回程度だ。

 

オフィスワークをしているとただでさえ運動不足になるので、週3回程度の軽い運動は非常に気持ちがよく、その日の睡眠も深くなる。

 

また、このような運動により太ってしまうことも防げる。

(社会人は運動不足、飲み会、日々のストレスで想像以上に太るのだ。。。)

 

ねむるん

 

上記2つに加え、私が最も推奨しているのはねむるんである。

 

 

端的に言うと、神商品である。

 

私は寝ている時口が開いてしまう癖がずっとあった。

学生時代はセロテープを貼って寝ることで鼻呼吸に矯正しようとしたこともあったが、

結局治らなかった。

 

それ以来、睡眠時に鼻呼吸に矯正することは諦めていたが、

ねむるんに出会ったて鼻呼吸に矯正することに成功した。

 

鼻呼吸に変わってから、驚いたことに睡眠の質は激変し目覚めが良好になった。

 

口呼吸の時代は起きた瞬間

 

「あぁ、、なんだこの犯罪的な眠さは。。。寝不足できもちわりぃ。。。」

 

と毎朝感じており、後輩にも社会人になって一番辛いことは朝起きることである。と言っていた。

 

しかし、このねむるんを使い始めて口呼吸→鼻呼吸に変えてから、7時間半→6時間強まで睡眠時間を減らすことに成功した。

 

口呼吸で寝てしまう人やいびきをかいてしまうにはおすすめ。世界が変わる。