商社マンの煩悩

総合商社マンが日々の業務・日常・就職活動について書き綴るブログ

あずかずの就職活動


スポンサーリンク

就職活動についても、OB訪問で学生さんから多々質問を受けるので、記事にする。

 

まずは、私がどのように就職活動を進めたかを簡単に。

 

「就活」という単語を意識し始めたのは大学3年の冬頃。

というのも、当時所属していたサークルを11月に引退し、まとまった時間が多く取れるようになった。要するに、暇になったのである。

 

そんな中、周囲が「就活、就活」と騒ぎ始めているのを見て、最初は暇つぶしの延長でリクナビを眺めることから始まった。

 

そこでインターンという言葉を知り、「可愛い子と知りあえたらラッキー」というような軽い気持ちで聞いたことのある企業のインターンに応募した。

 

当時、

「一応有名大だし、書類くらい通るだろう。面接も所詮会話だし、5社くらい受ければどこかしら受かるだろう。」と、非常に軽く考え、商社・銀行・メーカー・インフラ・コンサル業界等の大手企業に適当にESを提出した。

 

 

結果、10社程度ESを提出した中で次の選考の案内がきた企業は1社。

あまりの通過率の悪さに戸惑いつつもその1社の面接をなんとか通過し、初めてインターンに参加することができた。

  

このインターンの選考とインターン中のワークを経て、自分の理想と現段階の自分の能力値が圧倒的に乖離していることに気づいた。

そこから焦りを感じ、バイトや一切の遊びを辞め第一志望の総合商社内定を目標に私の就職活動は始まった。

 

大学時代を振り返ってみると、終始女性の尻を追いかけること酒を飲んで羽目を外すことに注力してきただけであった。量産型の文系大学生である。

 

勿論、体育会系でもなければ、留学経験もない。

 

就活受けしそうなエピソードは皆無に等しかった。

 

そんな逆境の中、就活モンスター達がこぞって志望する総合商社に照準を絞り、一心不乱に就職活動に励んだ。

 

正直、今までの人生の中で一番頑張ったし、辛かった。

一方で学んだことも非常に多く、自分の人生を豊かにした人生最大のイベントであったと断言できる。

 

結果、5大商社2社内定を勝ち取った。

最後に希望の企業の人事と握手をした際の高揚や思いが込み上げて涙したことを今でも鮮明に覚えている。

 

内定を勝ち取った時、確信した。

 

就職活動はゲームであり、ルールを理解して戦略的に行動すれば高確率で希望の企業から内定を得ることができる。

 

後々、自己分析やOB訪問等々、就職活動においてキーとなることや自分が就職活動を通して学んだについては当ブログで発信しようと思っている。

 

さて、明日からも仕事頑張るか。