商社マンの煩悩

総合商社マンが日々の業務・日常・就職活動について書き綴るブログ

【最近の流行り】総合商社からの転職

明けましておめでとうございます。

 

 

最近タイムラインで

 

「総合商社の若手の離職率が高い」

 

と騒がれており、実際にあずかずの周囲を見回してみても、

確かに辞めてる奴多いな・・・という感じだったので、実際に総合商社から某メガベンチャーに転職した同期に話を聞いてみました。

 

簡単に彼を紹介します。

 

名前:Kさん

年齢:20代後半

前職:総合商社 営業部門 トレーディング部隊

現職:某メガベンチャー

 

ちなみに、あずかずとの関係性は悪友です。

彼との連携でゴールした合コン、ナンパ等数え切れません笑

 

 

Kさんは総合商社の中でも昔ながらの商慣習が蔓延っている業界でトレーディング業務を数年間行っていました。

 

彼は辞めていっている若手社員のテンプレとも言えるような悩みを抱えておりましたので、総合商社の泥臭さを感じることができると思います。

 

 

f:id:azukazu:20190106221334j:plain

志望動機

①自分がルールを作る、②新しい仕組みを生み出す仕事がしたい、といういうのがばっくりとした志望動機です。

 

将来的に起業を漠然と視野にいれていたものの、まずはサラリーマンとして仕事の基本を学んび、 世の中の様々なビジネスに触れて勉強してみたいという気持ちがあったので就職を選択肢として 選びました。

 

新卒で就職活動をしていた時は、「自らの考えや行動によって新しい事業を生み出す事ができる」 事を軸に会社選びをしておりました。

 

総合商社以外にも新規ビジネスに挑戦している企業が多かったですが、最終的に総合商社に入社 を決めた理由は「規模の大きさ」、「影響力の大きさ」の観点で総合商社を選びました。

 

商社はトレード以外にもM&Aや経営参画などによって様々な事業を展開しており、仕組み作りを主体的に行う機会が多いです。

 

経営のノウハウも得られると考え、将来的に経営者を視野に入れい ている自分にとって良い経験が詰めるのではないかと考えました。

 

商社での業務内容

 

ファッションブランドの輸出入の貿易実務に携わっておりました。

 

主にインポート業務をメインとして担当しており、商材の出荷指示、船舶・ 船積みの指定、輸入通関業務、お客様への配送手配、代金の送金・回収、商品の在庫管理、クレー ム対応等を行っておりました。

 

アメリカ、ヨーロッパ、アジア地域の国々の工場から、製品を輸 入し、国内の売り先へスケジュール通りに納品することがメインの業務でした。

 

営業がとってきた契約の納期通りに製品が現地から出荷され、国内の倉庫へ到着し検品、店頭での販売までがスムーズにいくように調整を行い調整を行っておりました。

 

その他展示会への出席したり、日本での製品の売れ行きをレポートとして作成し、海外メーカー への提出を行っておりました。

 

同僚はどんな人が多いか


様々なバックグランドの人が在籍しており、実に面白い環境でした。

 

共通点としては学生時代に体育会で経験を積んできた人か、海外での経験がある人が多いイメージ です。

 

入社するまで海外に住んでいた人や海外でボランティアをしていた人、学生時代に海外でビ ジネスを行っていた人等がいました。 自分の働いていた部門では業界特性上、体育会系気質な習慣が根付いておりましたので、体育会系出身の方も多く在籍しておりました。

商社で働いてみて感じた商社の良いところ


「やりがいがある」

 

ビジネスのスケールが大きく、自分が行っている仕事が世界規模で影響を与えることができます。

 

大きな金額を取り扱うため、一つの一つの仕事の達成感が大きいです。また、私が担当していた商 材はアパレル製品なので、自分が輸入した製品を国内の百貨店やアパレルショップ等で日々目にす る事ができます。

 

休日に町中へ繰り出した時に目に、商品が売れている現場を目にすることがで きるのは嬉しく、やりがいに感じておりました。


「人脈が広がる」

 

商社の仕事の特性上多くの人と接する機会が多い環境です。社内外ともに非常に多くの人と関わ り合いながら仕事を勧めて行きます。そのため、仕事を進める中で、人間関係作りが上手くなって いきます。


「社内に優秀な人材と出会える」

 

自頭がよく優秀で、様々なバックグランドを持った人間が多く、日々刺激を受けながら仕事をす ることができます。知識経験が豊富で業務以外のことについても色々勉強になる事が多い環境でした。

 

商社で働いてみて感じた商社の悪いところ

 

「人脈を大切にする風潮」

 

商社の良い点の裏返しでもあるのですが、人脈を大切にする傾向が会社全体としてあるため、業 務外でも交際が多いです。 飲み会、接待などが多く、プライベートな時間を確保することが難しい時期も多いです。 月の出費の大部分が交際費にあたる月があることも珍しくありませんでした。


「意思決定の遅さ」

 

大企業であるが故に基本的にはトップダウンの社風です。そのため、簡単な書類一つをとっても承 認に時間がかかったりする事が多く、社内での業務滞留が意外と多いです。

 


「年功序列な社風」

 

基本的に任されるミッション、役割も年次と共にあがっていくためにモチベーションを保つ事が難しいと感じている人が多い印象でした。

 

実力が正当に評価される環境はあまりなく、どちらか というと上司に気に入られる社内政治力等が昇進のキーとなっておりました。 頑張れば頑張るほど、業務の量は増えていくため、平均給与が高くても不満を持っている人も多 かった印象です。

 

商社に勤めて得たもの

 

利害関係者の間で挟まれながらビジネスを行う機会が多いため、調整力、交渉力が鍛えられまし た。

 

取引先の顧客、メーカー、販売店、工場などの様々な関係者と関わり合いながらビジネスを 行っていくため、相手の立場に合わせたコミュニケーションや説明の仕方が求めらます。

 

また相手に気に入られるために相手の懐に飛び込んでいく方法なども学ぶ事ができました。

 

転職を決意した理由

 

転職を決断した最大の理由は、自分の働いていた部門は短期的にみると経験の幅が限定的になっ てしまうからです 商社はある一つの分野で一流の人間を育てるために社員一人ひとりに対する教育は手厚く、長期 間に渡って育ててくれます。

 

しかし、社風として年功序列が基本となっており、自ら主導権を持っ て業務を推進するようになるためには、年を重ねないと難しい体勢にあります。

 

若手のうちは基本的に上から依頼された業務をこなしていく事が基本となり、自らルール作り、 仕組み作りに携われる立場になるためには15年~20年程度かかるという実態がありました。(もちろん商社には様々な部署、ビジネスモデルがあるのであくまで私がいた部署での話です。)

 

私が当時行っていた業務も通常3~4年程度行い、その後営業の主担当になってから10年程度で役 職があがり、そのタイミングでようやく仕組み作りの部分に携われるという形でした。

 

入社から約一年間が経とうとしたタイミングで、自分の将来について考えた時に、もともと一生 サラリーマンでいるつもりのない自分にとっては、そのスピード感で業務を行って行くことは時間 がかかり過ぎであり、また短期的にみると経験が限定的になってしまうと感じました。

 

若手のうちから自ら決定権をある程度持ち業務を推進できる環境、また若手に業務を任せること を良しとする会社で働きたいと考えて転職を行いました。

 

転職先で活きている商社での経験

 
「調整力・交渉力」

 

前の項目でも書きましたが、ビジネスを行っていく上での調整力、交渉力は非常に生きております。

 

現職では法人営業を担当しており、各企業の状況に合わせた提案をすることが求められます。企業毎に意見・要望は様々であり、また担当している社数も多い中短い時間でより多 くの企業に対して、交渉・提案をしていく能力は商社で得られた経験だと感じております。


「相手に気に入られる愛嬌」

 

相手に気に入られるための愛嬌の振る舞い方は商社で学ばせてもらいました。 営業として取引先に気に入られる事はとても重要であり、現在でも役にたっております。

 

また余談ですが、合コンのセッティングや飲み家の会場のセッティングなども鍛えられており、 業務意外でも役に立っております。

 

f:id:azukazu:20190106221411j:plain

 

 

仕事のマニュアル化

「早く帰って自分の好きなことに時間を使いたい。でも会社でもある程度の信頼を勝ち取って自分の納得いく仕事を成し遂げたい。」

 

世の中のサラリーマンの95%は上記のように考えているのではないだろうか。あずかずは四六時中考えている。

 

考え抜いて出した方法は全仕事のマニュアル化(言語化)だ。

 

f:id:azukazu:20180617235106p:plain

 

いや、もう既にやってるよ。という人がほとんどだろうか。

あずかずも無意識的にちょろちょろはマニュアル化をしていた。

 

ただ、今回は全ての仕事をマニュアル化(言語化)しようというものだ。

 

あずかずの普段の仕事は、①高付加価値な仕事(ゼロベースで考え属人的なアウトプットを出すもの。)と②低付加価値な仕事(前例のある仕事。)の2種類に分けることができる。

 

①については、前例がないのでどうしても時間がかかってしまう。

ここに関してはマニュアル化は難しいだろうし、時間をかけて構わないと思っている。

 

②については、前例がある仕事のことだ。

こちらは前担当者や上司に相談する&指導を受けたことや気づいたことを只々アップデートする事でマニュアル化できる。

 

②をひたすら言語化して、頭を使わずともしゃきしゃきと高クオリティでこなせるようになれば、無駄な業務時間を削減&最も大事な①にしっかり時間を確保できるようになる。

 

少し具体的にマニュアル化の例を紹介してみる。

 

接待。

接待をマニュアル化している人は少なそう。

 

あずかずは接待が嫌いだ。早く帰りたい。

ただ、実際問題接待を通して良い関係を構築できれば貴重な情報をぽろっと教えてもらえたり、ちょっとしたミスをしてしまっても助けてくれたり、と利点もたくさんある。

だから毎回コミュ障なりにできる限りお客さんに可愛がられにいくのだが、うまくいくときとうまくいかないときの差が激しい。

 

そこで、うまくいった時のパターンや先輩方の勝ちパターンを参考にして接待マニュアルを作る。

今では誘い方、誘うタイミング、誘う人、店選び、話す内容・一発芸・カラオケの選曲・・・etc、全てをマニュアル化している。

新しい気づきがあったらこのマニュアルを更新する。これを繰り返す。

 

こうすることで自然とPDCAサイクルを回すことができる。

日常業務に関しても同様に言語化。マニュアル化。そしてマニュアルを改良。改良。改良。

 

 

まとまらないが、備忘まで。

意見や質問がある方はお気兼ねなく。

 

仕事に対する考え方

実は私は働くことが嫌いで嫌いで仕方なかった。

学生時代もほぼアルバイトはしたことがなかった。自分の時間を売っている感覚がものすごく不快だったのである。

 

社会人になるにあたり、周囲の友人から「あのお前が商社、、、大丈夫か?」と何度も言われていた。実際、大学4年の最後は働きたくなくて泣きそうであった。笑

 

そんな私だが、今では働くことに対してそれほどネガティブな感情を持っていない。

たしかに日曜の夜になると「あぁ、明日から仕事かよ、、、」と少しは思うが、それほど気にならない。

 

ヘタレ界のヘタレであったあずかずがどのようにして仕事に対してポジティブになることができたのかを紹介しようと思う。

 

f:id:azukazu:20180513235756j:plain

 

私は約10年間のキャリアプランをかなり詳細に決めており、今取り組んでいる仕事は約10年後に目標を達成するためのステップと捉えている。

 

ゆえに「仕事=金を稼ぐ手段」というよりは、「仕事=目標達成のためのプロセス」となっている。

 

約10年間のキャリアプランは周囲の先輩を観察しそれぞれの先輩の良い部分を理解し、その良い部分を効率良く吸収して最終的に素晴らしい人間になるためには、、、という考えを元に逆算して考えた。

 

今では月・週単位で小さな目標を立てており、それらを達成することで達成感を得つつ確実に自分の目標に迫っているという充足感を得ながら日々の業務に取り組んでいる。

 

会社としては私から労働力を得て、私としては会社からノウハウと収入を得るという完全にWin-Winの関係が構築できている。

ここで労働の対価に収入を得るだけの状態になってしまっていると、

 

最低限の仕事にしかやる気が出ない→良いアウトプットができない→評価されない→仕事にやる気がでない、、、

 

という負のスパイラルに陥ってしまう。

 

 

★  ★  ★

 

 

あずかずはよく意識高い系っぽくMBA行きてえ。とボヤいている。

今のところ、欧州の大学にMBAを取りに行く予定がある。

 

なぜ?とよく問われるが、正直何かのスキルを身につけたいとかキャリアップしたいなどといった意識の高い理由ではない。

 

ただ単におもしろそうでワクワクするからである。

 

なぜワクワクするかは自分の中ではなんとなく理解している。とりあえず今まで通り本能的にワクワクする方向に突き進んでいこうと思う。

 

5月病になりそうな皆さんはなるべく具体的にキャリアにおける目標を定めることで会社とwin-winの関係を構築することを意識することをお勧めする。

【就職活動】志望動機について

 

5月も中旬に差し掛かり、今年も総合商社の面接解禁の時期が近づいてきたので、

あずかずの志望動機組み立てのロジックを紹介しようと思う。(今更遅いが、、)

 

まず第一に、あずかずは少し長めに志望動機を語っていた。

 

①企業選定の軸→②その軸になぜ商社が該当するのか、加えて複数の業界がこの軸に該当しているが商社が最適である理由→③商社の中でもなぜ御社なのか。

 

というロジックで説明していた。

 

①企業選定の軸

 

幼少期の原体験による主軸となる価値観形成→その後の当該価値観の変遷→現在の価値観(企業選定の軸)

 

というロジックで長々と説明していた。(ここが一番長い。笑)

 

自己分析の結果、幼少期に経験した強い経験があずかずの価値観を形成していることが分かったため、ここを外すときちんと想いを伝えることができないなと思ったので少し長くなることを覚悟してここから話していた。

 

その後、様々な経験を経て変わるこの価値観を説明した。それぞれの経験を詳しく話していると日が暮れてしまうので、ここでの経験は軽く説明する程度にしていた。

 

最終的に、大学時代に最も頑張った経験(=学生時代頑張ったことは?への答えとなるエピソード)を経て今のこの価値観(企業選定の軸)が形成されている、と説明していた。

 

企業選定の軸を語る際、幼少期の原体験から語っている人は少ないのではないだろうか。あずかずの経験からすると、ここから熱く語ると面接官とより密なコミュニケーションが取れるし、インパクトも残せると思った。但し、話が長くなってしまうので上手く話せるかどうかがキーになる。

 

②その軸になぜ商社が該当するのか、加えて複数の業界がこの軸に該当しているが商社が最適である理由

 

複数の該当する業界をあげ、就職活動ではこれらの業界を回っていますが、総合商社なら様々なソリューションを提供できるので総合商社が最高です、、、

みたいなテンプレな説明であった。笑

 

③商社の中でもなぜ御社なのか。

 

「ビジネスに対する姿勢」と「人」と説明していた。

 

前者については、プレスリリースを見て面白そうな事業を取り上げ「このような・・・の姿勢が私の流儀と合致しているため、、」などと説明していたが、あまり響いているようには見えなかった。

 

後者については、テンプレ中のテンプレであろうか。テンプレであることは自覚していたので、実際に会った「人」の実名を出してその「人」に惹かれたことを熱弁するようにしていた。ここで、その人は新卒採用のHPに載っているようなエース社員または部長クラス以上の社員を選んでいた。有名人であれば面接官と話がはずむと考えたのである。有名人に辿りつくために、OB訪問を重ねた。

こちらは狙い通り、だいぶ手応えがあった。

 

「え、、そいつ知ってるよ。優秀なやつだよね。そんなこと言ってたんだ。」

「あー、あの部の部長ね。社内でもだいぶ有名で昔お世話になったよ。」

 

ほとんどの場合、上述の返答があった。

 

最終的にその人を少しいじることで面接官から笑いを取ったりもしていた。

笑いを取れた面接は100%通過していたかな。笑

 

ちなみにあずかずの就職活動の成績は5大商社(2/5)である。

3社は落ちた。笑

 

志望動機以外にもあずかずの意見が聞きたい人はメッセージでもコメントでもなんでも待ってます。

 

 

【総合商社での仕事】2017年度総括

良くも悪くも波乱万丈な1年間、人生で一番濃い1年間になったなぁと思う。

一言でまとめると、「自分を知った1年間」か。

 

今年度は、既存のビジネスを回すことに加え様々な新しい仕事にチャレンジさせて頂いた1年間だった。

 

具体的には、①輸出・3国間貿易の組成、②国内既存ビジネスモデルの転換、③国内新市場の開拓 である。

 

どれも目に見える結果を出すことはできなかったが、今後結果が出そうな匂いは上司に理解してもらえるレベルまでには到達させることができ、それなりの評価を頂くことができた。

 

それぞれの仕事に挑戦していく中で、追い込まれ、ボロボロに疲弊し、それでも知恵を絞ってなんとか前進させていた。追い込まれてどうしようもなくなった時、自分の強さや弱さと対面できた。

 

★ ★ ★

 

大学時代、私はまさにプー太郎であった。

社会人になってからもしばしば「大学時代は何をしてたの?」と聞かれることがある。就活では何百回と答えてきた問いだが、砕けた空間でこの質問を問われると吃ってしまう。

 

正直に答えると、①最小の労力で卒業ぎりぎりの単位を取得すること、②最小の労力・時間でお金を稼ぐこと、③可愛い女の子のお尻を追いかけること、の3つくらいだ。

正直どれも職場では話したくないことばかりだ。

 

要するに何が言いたいのかと言うと、大学時代にこれだけは頑張ったと胸を張って語れることがないのだ。

 

ボロボロになり、追い込まれ、知恵を振り絞って困難に立ち向かった経験がなかった私は自分という人間が良く理解できていなかった。

 

今年度は色々な要因が重なり幸運にもある程度の裁量を与えられたため、自由に仕事をすることができた。

経験が乏しいにも関わらず、裁量が大きい分、丸裸で困難に体当たりせざるを得ない場面が多々あり、良くも悪くもそんな中で自分を知ることができ、自信がついた。

 

成長するためには荒療治が1番手っ取り早い。

 

 

「周囲を巻き込む力」

ここ3週間程ブログを更新する時間がなかなか取れなかった。

理由は2つ。

 

⒈ 例の理不尽上司にやられているため

理不尽上司の詳細については下記記事参照。

www.azukazu.com

 

⒉ 同じ部の先輩が身体を壊して1ヶ月程休職することになり、仕事量が大幅に増えたため

 

つまり、私は鬼の上司と膨大な仕事量の挟み撃ちにあっております。

 

f:id:azukazu:20171008011743p:plain

 

上司に罵倒される→ホウレンソウが気軽にできない→仕事が進まない→上司に罵倒される

 

この悪循環はまさに地獄だ。

 

鬱病になってしまったり、病んでしまう社会人はまさにこのループに苦しめられているのではないだろうか。鬱になってしまった他商社の同期に話を聞いたところ、日常生活から笑顔が消え始めるといよいよ本当にまずいらしい。

 

学生時代、若いうちはどんなに激務でもどんなに罵倒されてもくらいついて、稼げるかっこいい商社マンになってやる。と意気込んでいたが、実際にそのような状態になると、かなりきつい。

 

1日のうち、自由な時間はほぼない。

そんな生活どうだろうか?少なくとも今の私は到底嫌だと思っている。

 

激務でも厳しくても構わない!バリバリ働いて稼いでやる!と思っている学生は一度自分の時間が全くない人生でも本当に構わないのか再考してみてほしい。

 

★ ★ ★

 

どうやったら効率的に、コスパよく仕事ができるのかと考え続けた結果、商社の仕事においては気軽に相談できる人を社内・社外に増やすことなのではないかと思い始めた。

 

既存の仕事についても、トラブルが起きた際、気軽に相談できるコーポレートスタッフや社外の専門家がいれば解決策を見つけるスピードが圧倒的に早くなる。若手のない頭でいくらロジカルに解決策を考えたところで高が知れている。(少なくとも私の知能では)

 

新規の仕事、上司から「この案件、お前組成から入り込んで取りまとめてくれね?」と高めのボールを投げられた際も、ビジネスモデルを因数分解し(これはおそらくロジカルシンキングと経験)、どの部分を誰に相談すれば円滑に進めることができるかを考えればよい。

 

既存・新規いずれも適当な相談相手がいない場合に時間がかかってしまうことが多いことに気づいた。ゆえに、「気軽に相談できる人」は非常に重要なのである。

 

こういった意味では、就活生が大好きな「周囲を巻き込む力」は商社の仕事において非常に大事なのかもしれない。周囲を巻き込むことができるような人間的に魅力がある人は、気軽に相談できる人脈も自然と多くなっていくはずである。

 

私はマンパワーで仕事をゴリゴリ進めていく力は到底ないので、人間的な魅力を磨くことで周囲から協力したいと思われるような人になりたい。

 

理不尽な上司とうまくやっていく方法を考えてみた

実は最近、上長が変わった。

入社以来ずっと同じ上長の元で働いていた私にとってはとてつもなく大きな変化である。

 

上長が変わるタイミングで周囲の先輩方から、お前終わったな。と忠告された。

なんでも、以前不適切な指導によって部下を数名辞めさせたらしい。

 

1人ならまだしも、数名辞めさせたとはどんな鬼軍曹が来るのだろうか、、と思いながら対面した。外見はいかにもごく普通のおっさんでああった。

 

一緒に仕事を始めて分かったが、とてつもなく頭がキレる上に、若手にもそのレベルのクオリティの仕事を求める。仕事のクオリティがそのレベルに達しなかった場合は容赦なく叱咤する。そして、叱咤の方法が全くマイルドではない。

特徴的な叱咤をなさるので、もはや紹介できない。身バレするレベル。兎に角、理不尽ということだ。

 

9月頭から2週間経ってみて、

「なるほど、このお方の元で働いていたら辞めてしまう人はいるだろうな、、、」と思った。(私は全く人ごとではないのだが。。)

 

それくらい指導方法が理不尽なのである。

(指導方法が理不尽なんて想像し難いかもしれないが、、)

 

どうすれば良いのだろうか、、とひたすら考え今までの人生経験から以下のことを考えた

 

  1. なんだかんだ、最終的には1番最後まで耐えた奴が勝つ。

 

今までの人生でも同じような状況に陥ったことは何度かあった。このような時は自分の信念は貫きつつ、ボロボロになりながら大体最後まで食らいついていた奴が勝っていたな、と思った。

 

相手を怒らせないように、なるべく考えて察する気持ちを持って...なんてやっていては、時間だけかかる上に方向性が間違っていた場合は理不尽マンの格好の餌になってしまう。

 

  1. 一応上司なので理不尽にはある程度は付き合うが、自分の感性の中で度がすぎると感じた勇気を出して喧嘩する。

 

理不尽系上司はなんでもはい、はい、と素直に言うことを聞く部下に対しては理不尽さが加速する、というあずかずの調査結果がある。(周囲の理不尽老害を見ていてそのように思った。)

 

上司なのである程度は指示に従う必要はあるな、ここだけは譲れない、どうしても納得できないという点については徹底的戦うべきである。

 

 

以上から、この理不尽上司に対抗するスタンスを考えた。

 

 

①「私は馬鹿ですので」と割り切り、ズカズカと土足で上司の思考に進入する。

 

②どうしても納得できない場合は、思い切って反抗してみる。

 

私はこの2つのスタンスを貫くことが、この上司と巧く付き合う最も有効的な方法ではないかと思っている。

 

たしかに頭はキレるおっさんなので、吸収できるものは吸収した上でバイバイしたいものだ。

 

とはいえ、この先数年間?耐え切れる自信はまだないのが現実。笑

ちょくちょくこの上長に関する状況のアップデートはしていきます。

f:id:azukazu:20170920005811j:image